ショッピングアプリは買い物をするわけではなくても、眺めていて楽しいものです。
シーズンによってはその時期に合わせた商品が賑わっていて、アプリを通じて季節感を味わうことができます。
年末ともなれば贈り物のお取り寄せ品が賑わうようになり、一年がたつのは早いものだと感じさせてくれます。
アプリというのは近年普及をしたものではありますが、それによって日本の伝統を感じることができるので、なんだか不思議な気持ちになります。

クリスマスにもならないうちにおせち商戦

年末はとにかく様々な話題でいっぱいですが、何と言っても贈り物のお取り寄せ品が注目される時期です。
お歳暮の時期だけに普段お世話になった相手に感謝の気持ちを伝えるべく、お取り寄せ品を贈るという人も多いだけにお取り寄せ品の話題は事欠きません。
ショッピングアプリにも様々なお取り寄せ品が数多く並んでいるのですが、その商品の幅は広くクリスマスにもなっていないのに、おせちまで並んでいますから11月の末ぐらいから年末年始のウキウキ気分を味わうことができるのは良いですね。
自分が小さな頃にもこの時期はワクワクしたものですが、ショッピングアプリによって日本全国様々なおせちを眺めることができるのはより楽しいです。
店ごとに趣向を凝らした美味しそうなおせちの数々というのは、眺めているだけで楽しくて年始のワクワクを思い起こさせてくれます。
アプリを使って日本の伝統のイベントを感じさせてくれるというのは、なんだか不思議ですね。

たぶんうちは例年通り祖母と母の手作りおせち

様々なショップのおせちを眺めているのは面白いのですが、自分の家で注文をするかというと多分それはなくて、祖母と母が手作りのおせちを作ることになります。
子供の頃はおせちがあまり好きではなく、食べることができるものがなかったのですが、そんな自分を見て祖母は唐揚げやフライドポテトを作ってくれたことを思い出します。
今は昔ほど嫌いではなく、好きになったものもあるのでおせちに不満はないのですが、未だに祖母が若者向けのメニューを作ってくれるのがありがたいです。
逆に母の方はおせちを大事なイベントだと考えているようで、普段食べているようなものを作るべきではないというスタンスなのが面白かったりします。
祖母のやることに反対こそしませんが、小さい頃に母は自分が好きなものを作ってくれることはありませんでした。
しかし、それによっておせちも食べられるようになったので、結果的には良かったような気がします。
こんな思い出があるだけに、自分は学生ですが結構おせちが好きだったりします。